女性への執着でセクハラ被害まで出続けているという状態は、もはや大川隆法氏は仏陀ではない

1200px-Baphomet

https://tanemura1956.blogspot.jp/2012/07/12-p84-3-2-77-3-4-231-100-30-40-1-11-12.html

さらに、決定的だったことは、大川隆法氏の女性問題の実態と被害女性の存在を知ったことです。

1997年の総裁の不倫問題は、私は被害者から直接詳細を打ち分けられて知っていました。

しかし、守護霊が申し出たという話だったので、一時的な問題として、胸に収めていたのです。

しかし、数年前にも別の若い女性職員が被害にあったことを知って、私は問題の深刻さを感じました。

熱烈信者の家族全員が退会されたとか、ご本尊をばらばらにしたとか、

被害女性は一時は歩くこともままならないほどのショック状態だったとか、

目を覆いたくなるような話でした。

私はこのままの状態で、自浄作用が働かぬまま、教団が進むのは危険だと思いました。

私は大川隆法氏に対して、私が知っている事実を手紙にしたためて送りました。

最初の手紙は広報局が止めてしまったことが判明しました。

そこで、4月4日にもっと詳細に手紙を書いて、大悟館に大川隆法氏への親展で送りました。

それが、先日週刊文春に一部公開された手紙です。

私は、女性問題だけをもって深刻な事態と思ったわけではないのです。

それを事実無根として嘘を突き通していることが、もっと問題だと思ったのです。

女性への執着でセクハラ被害まで出続けているという状態は、もはや大川隆法氏は仏陀ではないということを意味しています。

執着まみれの凡人です。

その凡人が、仏陀だ、宇宙神だと言うという事は、悟りを偽る大妄語です。

釈尊の教えによれば、この大妄語は無間地獄に堕ちる因となります。

それは同時に悪魔に支配されることを意味します。

教祖が悪魔に支配されたら、信者さんはどうなりますか。

みんな不幸になり、地獄へと道連れにされてしまいます。

だからこそ、私はこの問題を看過できなかったのです。

私は手紙を書くときは、相当強い決意を固めました。

その時に私は、自分の心と次のように対話しました。

 

Q「教団から除名処分や永久追放になるが、それでいいのか。」

A 「構わない。」

Q「後世の信者から裏切りのユダのように、永遠に恨まれる可能性があるが、いいのか」

A「自己保身は捨てる。生まれ変わっても、誤った教団の改革のために尽くす。

その時に、私が教団の真実に目覚めるように、何か確かな資料を公的に残しておきたい。」

Q「大川きょう子さんのように、守護霊の本を出されたり、呪われたりするが、それでも良いのか。」

A 「甘んじて受ける。多くの人が地獄に行かぬように尽くすのが先決だ。できれば総裁も救いたい。」

Q「大教団に一人で立ち向かうのか。それでつぶされない自信があるのか。」

A「『真実は死なない。真実は絶対に死なない』という言葉は、永遠の真理だと信じる。

私はこの真理に賭ける。私が真実の側に立つのなら、つぶれるのは偽りを説く教団である。」

Q「いかなる心を持って立つのか。」

A「愛の心を持って立つ。怒りは持たぬ。そう努力する。」

 

こうして私の戦いは始まりました。

私の家族、私を深く知って下さる方々、心検の生徒の皆様は、私を支援してくださいます。

その支えがあればこそ、私は戦えるのです。

このブログも、私のささやかな名誉を守るために始めましたが、

いろんな方が私の姿を知って励ましとしてくださっていることを知りました。

それとともに、私自身の決意も深まってきたように思います。

心の奥から、私の役割を自覚する思いが湧いてくることもございます。

生意気ではございますが、心から湧いてくるままに、あらためて私の決意を書かせていただきます。

私は旗の役割です。

真実の旗を掲げるポールです。

旗を立てたポールは、微動だにせずに立ち続けるのが役割であると肝に銘じています。

嵐のなかでも、雷に打たれても、私は立ち続けます。

地上に新しい地獄を作らないために、私は立ち続けます。

この姿を見て、勇気を起こしてくださる方が一人でも増えてくださることを、私は祈っています。

KL RO NOW

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中